差し歯に激落ちくんは絶対ダメ!その危険性とは?

差し歯に激落ちくんは絶対ダメ!その危険性とは?

差し歯を使っているかたは
黄ばんで目立ってしまうのはイヤですよね?

でも、実際の歯に使うように
差し歯にホワイトニング剤は使えません!

例えば、ムリヤリ白くする方法として
激落ちくんを使う方法がありますが。

→ 絶対に使ってはいけません!

どうしてダメなのか?

その理由をご紹介します!

差し歯に激落ちくんが使えない理由!

差し歯を使っているかたは
激落ちくんでカンタンに白くなるのではないか?

っという方もいらっしゃるでしょう。

でも、医師のかたは危険なので
「やめましょう!」っとおっしゃいます!

その理由とは?

激落ちくんは人体に使ってはいけない!

激落ちくんは、素材に
メラミンフォームという素材を使っています!

このメラミンフォームは、
製造工程にもよりますが注意点があります。

ホルムアルデヒドが残留する
ことがあり、口に入れることで!

人体に対して副作用があるか
まだ、解明されていません。

ホルムアルデヒドという成分は
シックハウス症候群の原因だとされている物質。

アレルギーが分かっている
かたはもちろんですが。

自覚症状がないかたも、
気をつけなければいけません!

(→ メラミンフォーム自体は有害ではありません

大学の研究を基にして
歯科用の商品があります。)

構造上不向き!

そもそも激落ちくんの注意書きには
『凸凹の面や吸水性のある面には適さない』
っと書かれています。

構造上、歯に激落ちくんを
使うことは不向きなんです。

削るのがダメ!

歯のホワイトニングは
歯を削ることで白くすると思っていませんか?

だから、キレイに(削る)
激落ちくんが「有効かもしれない!」
だと思うかもしれませんが。

→ ホワイトニングは削って白くはしません!

何より、削るという行為がダメ。
激落ちくんは、歯を削ってしまいます。

H4硬さの単位で見ると!

硬さの単位とは、
専門用語でモース硬度といいます。

  • 歯:モース硬度6~7前後
  • 激落ちくん:モース硬度4前後
  • 大理石:モース硬度3前後

大理石とそれぞれを比べたら!
一目瞭然、激落ちくんがいかに硬いかが分かります。

人間の歯は、数字だけで
見れば硬いことになっています。

ですが、人の歯質は個人差があります。

人によっては、激落ちくんほどの
硬さの場合、歯が割れたり、傷つくことがあります。

パッケージにも記載されている!

激落ちくんのパッケージ
裏には、使用上の注意が書かれています。

①人体もしくは、食品に使ってはいけない
②細かな傷が入る場合がある

そもそも、パッケージの
内容に集約されていますね!

だから、差し歯に激落ちくんは使ってはいけないんです。

差し歯を白くすための方法とは?

そもそも、過酸化水素の
薬剤を用いた普通のホワイトニング。

これでは、差し歯は白くなりません!

ホワイトニング剤とは、
天然の歯についた汚れに対して働きます。

  • 表面の汚れはクリーニングで
  • 歯の表面はホワイトコート
  • レジン→セラミックに替える
  • 市販の歯でマニキュア

歯ではなく、人工の素材
「差し歯」を白くする場合はこの4つの方法となります!

差し歯+天然の歯でホワイトニングする場合は注意

差し歯が部分的にあり、
さらに、天然の歯もホワイトニングする!

この場合は注意しなければいけません。

それは、天然歯に対しては
ホワイトニング効果があっても。

レジンの差し歯に対しては
白くならないため、色が合わなくなることもあります。

差し歯だけ、目立ってしまいます。

差し歯は最初からセラミック!

セラミックの差し歯には、
デメリットとして保険が適用されません!

ですが、今後、差し歯を
入れる場合、セラミックのほうがオススメです。

それは、セラミックの場合
レジンのように変色を気にせず
きれいな状態で長くキープすることができます!

あとで、このページを見ているように。

後々、メンテナンスも
少なく、問題が少ないためメリットが大きいです。

差し歯の歯磨き粉の選び方とは?

レジンの差し歯の場合、
素材そのものが黄変しています。

ですが、表面の着色汚れは
日頃から細かくケアすることが大切です。

素材そのものは、白くできませんが。
表面を美しく保つことは可能です!

セラミックの差し歯の場合、
色素は、沈着しにくいですが。

着色汚れを放置すると
天然の歯と同じように汚れが強力に結びつく場合もあります。

毎日のケアのために
歯磨き粉の選び方を知って置きましょう!

①研磨剤が入っていない歯磨き粉

②着色汚れに対応している歯磨き粉

まとめ

差し歯に激落ちくんは絶対にダメです!

①激落ちくんの構造上
②削るのがダメ
③人体には使ってはいけない

このような理由からになります。

差し歯は、保険が使えなくても
レジンよりも、セラミックのほうが問題がなくて楽です。

差し歯の色が気になるときは?

  • クリーニング
  • コーティング
  • 付け替え

などの対処が一般的です。

差し歯は、汚れやすいため
毎日のケアが重要になります!

タイトルとURLをコピーしました