縮毛矯正で毛量減るのか気になる人必見!縮毛矯正をする前に確認したいこと!

image-of-fluttering-woman's-hair ボディーケアグッズ
なびいている女性の髪の毛の画像

縮毛矯正で毛量減るのか
気になる方が多いようです。

Yahoo知恵袋
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10117575070

減らない

ただし!

髪の毛のボリュームは
落ち着いているように
感じてしまうかもしれません。

そのため、縮毛矯正で
毛量減るのが
気になる人の場合。

縮毛矯正をする前に
いくつか確認することがあります。

どういうことなのか?
以下をご覧ください。

縮毛矯正で毛量減るのは本当?

減っているように見える

どういうことかと言うと
髪の毛の量が多い時に
縮毛矯正をすることで。

髪の毛の癖やうねりを
伸ばしてあげることで
髪の毛がまっすぐになります。

必然的に髪のボリュームは
落ち着き縮毛矯正で
毛量減る感じかします!

ですか、本当に縮毛矯正が
必要なのでしょうか?

縮毛矯正を行う前に
しておいた方が良いことがあります。

縮毛矯正を行う前にしておきたいこと

  • 美容師とカウンセリングを行う
  • カットで毛量減らせないか?

本当に縮毛矯正が必要?

縮毛矯正はダメなの?
っという風に思われるかもしれませんが。

毛量を減らすのであれば
縮毛矯正だけではないということ!

自然な感じに
仕上がるにも関わらず
縮毛矯正をしている方が多いです。

毛量減らす方法は縮毛矯正だけではない

縮毛矯正が悪いのではなく
ムリに縮毛矯正だけに
頼らずとも毛量は減らせます!

縮毛矯正だけに
偏った方法のみにしてしまうと
髪に負担がかかるだけでなく。

その後の髪の毛の
健康にも影響が出てしまうからです。

ではどういうことが
必要なのでしょうか?

縮毛矯正で毛量を減らしたい人が先に確認して欲しいこと!

毛量を減らしたい人が
縮毛矯正をする前に
確認しておいてほしいには!

縮毛矯正を行う前にしておきたいこと

  • 美容師とカウンセリングを行う
  • カットで毛量減らせないか?

以上のようなことがありました。

このことについて詳しく説明します。

美容師とカウンセリングを行う!

まずは自己判断でなく
美容師さんとカウンセリングをしましょう。

あなたの髪の毛の状態を
確認してもらって
縮毛矯正が必要なのか見てもらいます。

その上でどのような
施術が必要なのか
美容師さんに判断してもらいましょう!

このカウンセリングは
実は重要で今後の
あなたの髪の毛のケアに大事になります。

先ずあなたが、行ってほしいこと。

髪の毛の悩み.
その後の髪のケアなど
その時にしっかり話しておきましょう!

カットで毛量減らす

縮毛矯正をかける前に
考えて欲しいのが
カットで毛量を減らす方法です。

単純ですが実は
この方法がもっとも髪の毛に
負担をかけずに。

自然な仕上がりで
毛量減るように感じる方法です!

毛量を減らすならカットがオススメ!

前提としてこの場合
美容師さんとご相談の上
行って欲しいのですが。

もしもあなたが
毛量が多いことで
単純に縮毛矯正を選んでいるのなら。

カットで毛量を
減らす事は十分に可能です。

どうしてカットが良いかというと!

ナチュラルな髪の仕上がりになるからです。

カットがオススメな理由!

実は多くの方の場合
うねり、結び癖ばかりで。

縮毛矯正をかけてから
ついたものではありません。

この場合問題は
髪の毛の根元の問題。

伸びた髪の毛に対して
縮毛矯正を行っても
効果が薄いだけでなく長持ちしません。

健康な髪の毛が大事!

また何より長い目で
見たとき髪の毛が
痛んでしまうだけでなく。

髪の毛が細くなったり
量がスカスカになって。

年齢とともに髪の毛が
不健康になるからです。

最も怖いこと!

そして、何よりも
怖いことは縮毛矯正の強い依存性です。

縮毛矯正をすれば
毛量減る!
髪の毛が真っ直ぐになる!

ついつい回数が増えて
ペースが多くなっていく。

結果、不健康な髪や
ハゲの原因となってしまいます!

コチラの記事もチェック!
ハゲや縮毛矯正の
依存性について詳しくはコチラをご覧ください↓
縮毛矯正で禿げるのは間違い!でも注意が必要な縮毛矯正のある特徴とは?

健康な髪の毛についても考えてみましょう!

これらの方法がベスト?

とは言え、
髪の長さ、髪質など
置かれている状況、髪の好みは人それぞれです。

実際この方法の場合
時間を作り何度か
その美容室に通う必要があります。

時間とお金がかかるので
これらが余裕が
ある人にとっては良い方法ですが。

例えば、忙しいので
1度で縮毛矯正をして
すぐに終わらせたいと言う人もいるでしょう。

そこで縮毛矯正で
毛量減るように感じる
方法についてご紹介します。

縮毛矯正とストレートパーマどう違う?

髪の毛をまっすぐにする
という点においてでは!

→ 熱を加えるかどうか?

縮毛矯正とストレートパーマの
違いはこの1点のみです。

ただし、まっすぐにする
ということは同じですが。

例えば、わざと髪の毛に
クセを付けるパーマをしていて。

このクセを取りたい場合
ストレートパーマを使います。

目的としては本来
実はかなり違うものです!

縮毛矯正もストレートパーマも使う薬剤は同じ

このときにどちらも使う
薬剤は同じで
どちらも主に2種類の薬剤を使います。

縮毛矯正、ストレートパーマで使う薬剤

  • 髪の毛を柔らかな感じに期待する薬剤
  • 髪の毛をもとのハリなどのある状態に期待する薬剤

主にどのお店でも
同じタイプの薬剤を使います。

そのため薬剤では
縮毛矯正とストレートパーマで
違いはありません。

縮毛矯正とストレートパーマでは工程が違う!

縮毛矯正と
ストレートパーマは
施術の工程に違いがあります!

アイロン、ブラシを使うかどうか

縮毛矯正の施術工程

  • 髪の毛を柔らかな感じに期待する薬剤
  • アイロン、ブラシを使って、熱で髪を伸ばす
  • 髪の毛をもとのハリなどのある状態に期待する薬剤

ストレートパーマの施術工程

  • 髪の毛を柔らかな感じに期待する薬剤
  • クシのみで髪の毛を伸ばす(とかすのみで熱は使わない)
  • 髪の毛をもとのハリなどのある状態に期待する薬剤

このように髪の毛を
まっすぐに導くためには
熱やアイロンを使うことが。

その効果が期待できる
大きな方法といえます!

縮毛矯正とストレートパーマのメリット

縮毛矯正のメリット

  • スタイリングが楽
  • 時短
  • 雨の日でも心配なし

ストレートパーマのメリット

  • 程よいボリュームが残る
  • 自然な仕上がり
  • 髪の負担が少ない

このように縮毛矯正と
ストレートパーマでは
近いようでメリットも異なります。

縮毛矯正で本当に大丈夫?ボリューム別で毛量対策!

どうして髪の毛の
ボリュームが
増えてしまったのでしょうか?

髪の毛の状態などで
ボリュームや
行う毛量対策が違うんです!

美容師さんとの
カウンセリングを
行うのはもちろんですが。

縮毛矯正、ストレートパーマを
かける前にボリューム別での
毛量対策を確認してみましょう。

毛量が多くなっている原因

  • くせ毛
  • 髪の毛が傷んでいる
  • 髪質
  • カット

くせ毛

くせ毛が原因の人の場合
色々と注意が必要です。

セニングによって
髪の毛をすきすぎると。

髪の毛の隙間に
髪が入り込んで
毛量が多く感じることがあります。

人によって髪のクセは違う!

このとき、髪質による違いや
ブローなどによる
ケアの時間の違いもあります。

特に、ブローが得意な人の場合
セニングは有効ですが。

ブローが得意でない方の場合
縮毛矯正、ストレートパーマを考えてみましょう。

髪の毛が傷んでいる

縮毛矯正やカラーリングなど
髪の毛に負担がかかる
施術を繰り返している方は注意が必要です。

この状態の方の髪の毛は
表面のキューティクルが
はげてしまっています。

そうなると、髪の毛は
水分を吸収しやすい状態です。

髪の毛は水分を含むことで膨らんでしまいます。

この状態で必要なこと!

この状態では、セニングや
縮毛矯正は有効的ではありません!

まず、トリートメントなど
髪の毛のケアを優先しましょう。

特に、アイロンなどで
セルフケアを行っている方は
牽引性の脱毛症も心配です。

定期的なケアを行いましょう!

髪質

美容師さんとの
カウンセリングが最も
重要になるタイプです。

セニングが効果的ですが
人によっては長期的には
髪の毛がスカスカになったりもします。

くせ毛タイプの人と
ケアは同じになるので。

美容師さんと
カウンセリングのして
縮毛矯正、ストレートパーマを検討しましょう。

カット

髪の毛を切らずに
放置すれば単純に
ボサボサになるので。

毛量が多く見えてしまうのは
想像しやすいのではないでしょうか。

また、骨格や髪質によっても
髪の毛が多く見えてしまう。

この場合あなたに
似合わない髪型にもなる可能性があります。

方法はいっぱいある!

この場合、セニング、
レイヤー、グラデーションなど。

いろんな方法で毛量を
抑えて見えることが期待できます!

美容師さんとよく
カウセリングを行い
最適な方法を選びましょう。

縮毛矯正で抜け毛が増える?

縮毛矯正をすることで
抜け毛が増えることがあります。

ではどうしてそのようになるのでしょうか?

縮毛矯正で抜け毛になる原因

  • 薬剤
  • ヘアアイロン
  • 生活環境

薬剤

縮毛矯正の場合
薬剤以外に3つを使い
髪の毛をまっすぐに矯正するのですが。

薬剤の場合
髪の成分は地肌と同じタンパク質です。

そのため薬剤の
影響は当然
同じように受けます。

その結果、かぶれや
かゆみを引き起こすだけでなく。

接触性皮膚炎または
アレルギー症状も
ひどい場合起こることもあります。

ヘアアイロン

縮毛矯正で使われる
ヘアアイロンは
高温で根本に使われます。

その時に頭皮が
火傷することもあります。

これらの可能性は
もちろんあまり多くありませんが。

注意したいのが
自宅で使用する
自分で使っているヘアアイロンです!

牽引性脱毛症に注意!

美容室で使っている
ヘアアイロンの場合
施術を行っているのはプロの美容師さん。

ですが、家の場合
素人である自分が行っています。

うまくまっすぐに
ならないときは
程度も考えず何度もまっすぐにします。

これは牽引性脱毛症を
引き起こす原因になり
髪の毛の数が減るもとです。

高い温度も要注意!

また、自宅のヘアアイロンも
温度が高いものがあるので。

頭皮のやけども
知らず知らずに
実は多くなっています。

特にヘアアイロンによる
抜け毛は気づいたら
なっていることが多いです。

育毛について考える!

髪の毛のケアもとても大事ですが。

抜け毛のケアも
年齢とともに
考える必要があります!

この時に育毛剤を
考えてしまいますが。

育毛剤と同時に
できれば髪の毛のケアが
行えるものがベストです。

コチラの記事もチェック!

女性の育毛について
オススメなのがランブット!

ランブットについて
詳しくはコチラの記事をご覧ください↓
ランブットの女性用の評判とは?効果は本当?口コミを検証する!

生活環境

抜け毛の原因は
生活環境や体内の
影響受けることもあります。

ダイエットでの栄養不足で
食生活からのタンパク質不足。

また、水分不足からも
抜け毛が促進してしまいます。

ストレスによっても
血液循環が悪くなり適切な
栄養や水分が髪の毛に届かなくなります。

乾燥も注意!

また、頭皮は肌の
一部なので
肌と同じように乾燥への影響も受けます。

毛穴から侵入した
細菌により炎症やかぶれで
抜け毛になることもあります。

実はこれ以外にも
いくつもの抜け毛の原因があります。

他にも注意しておきたいこと!

他の抜け毛の原因

  • 生活習慣
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 紫外線
  • 頭皮に良くないシャンプーと仕方
  • 頭皮を傷つけてるブラッシング

縮毛矯正以外にも
抜け毛の原因は多くあります。

そのためにも
髪の毛のケア以外にも
抜け毛のケアを年齢とともに。

できれば早くから
行うことが大事になります。

では、薄毛の方でも
縮毛矯正はしても大丈夫なのでしょうか?

縮毛矯正は薄毛でも大丈夫?

頭皮に負担をかけなければ大丈夫

ただし、これまでに
書いたように
先に書いたことを守る必要があります。

<抜け毛の種類>

  • びまん性脱毛症(女性型脱毛症)
  • 牽引性脱毛症

びまん性脱毛症(女性型脱毛症)とは?

びまん性脱毛症は
女性型脱毛性とも言われ
原因としては。

加齢からのホルモンの低下。

年齢による髪の
細胞分裂が低下することなどです。

細胞による弱体化が
主な原因とされます。

つまり、美容院による
施術への影響とは関係ありません。

牽引性脱毛症とは?

脱毛症の種類としては
気をつけなければ
いけないのは牽引性脱毛症です。

これは先にも書いたように
セルフケアでの
ヘアアイロンを使う場合に注意が必要です。

牽引性とは、
引っ張ることが原因ということ。

簡単に言えば、
無理に髪の毛を
抜いているということです!

この場合例えば
ポニーテールをよくする人は
この牽引性脱毛症の注意が必要です!

まとめ

縮毛矯正、ストレートパーマで
毛量減るのか?など。

縮毛矯正と毛量の
関係性などについてまとめました。

縮毛矯正に限らず
美容室では美容師さんの
カウンセリングを行いましょう!

思い込んで間違った
施術を行うのは
髪にとってマイナスしかなりません。

毛量を減らすために
過度な縮毛矯正や
自身でのヘアアイロンの使用は。

髪だけでなく
頭皮に影響を与え
最終的には抜け毛の原因にもなります。

美容師さんとの
カウンセリングから
適切な施術を受けるようにしましょう!

タイトルとURLをコピーしました