ビビリ毛は切っても治らないのは本当?なってからの対処となる前の対策とは?

image-of-woman-suffering-from-hair ボディーケアグッズ
髪の毛で悩んでいる女性の画像

ビビリ毛は切れば治ります!

なので。

ビビリ毛は切っても治らない!
っということはありません。

ですがビビり毛の
対処方法に対して
間違った改善方法をされている人もいます。

ビビり毛に対して
なってからの対処方法と
なる前に行える対策などをご紹介します!

目次

  1. ビビリ毛は切っても治らない?
    1. ビビリ毛の改善方法は2つだけ!
    2. 髪の毛は死滅細胞
    3. ビビリ毛とは?
      1. ビビリ毛はこんな状態!
    4. 生えた髪に合わせて縮毛矯正するのはダメ!
      1. 更に縮毛矯正をかけたくなる!
    5. どうしたら良いのか?
    6. 縮毛矯正は依存性が高い!
    7. 縮毛矯正に依存しない髪型も!
  2. ビビリ毛の原因とは?
    1. 縮毛矯正
      1. 縮毛矯正で大事なこと!
    2. ブリーチ
      1. ブリーチのココに注意!
    3. パーマ
    4. 間違ったヘアケア
      1. ホームカラーが怖いこと!
  3. ビビリ毛になったとき対処方法4選
    1. カットする
    2. タンパク質を穴埋めと皮膜の処理
      1. ケアの前にカウンセリング
      2. 美容院でのトリートメントとは?
      3. 家でもできる?
    3. 適切なヘアケアに改善
      1. 育毛で髪質改善!
    4. ビビリ毛を美容室で修正
  4. ビビり毛にならない対策5選
    1. 美容師とのカウンセリング
    2. 施術前のしっかりとしたケア
      1. 気をつけておきたいポイント!
    3. 縮毛矯正後はパーマをしない
      1. 根本も注意して!
    4. 日頃のケアはしっかりと
    5. ヘアアイロン、コテの使用頻度を見直す
      1. 原理は美容院と変わらない!
  5. ビビリ毛を修正するときに知っておきたいこと!
  6. 実は重要!育毛してる?
    1. 抜け毛経験をする女性とは?
      1. 出産で髪質が変わり、薄毛になる!
    2. どこで髪の毛の状態はリセットされる?
      1. 生えてくる髪の毛が脆弱だと!
    3. どうして育毛も必要なのか?
      1. 髪の毛も年齢とともに弱まる
    4. 育毛は生やすことだけではない!
  7. まとめ

ビビリ毛は切っても治らない?

Yahoo知恵袋
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12144089122

このような書き込みが
あるようにビビリ毛は
なってしまうとかなり大変です。

先に書いたように
ビビり毛は切っても治らない!
ということはありません。

極論を言えば、
ビビリ毛の改善方法は
2つしかありません。

ビビリ毛の改善方法は2つだけ!

ビビリ毛の改善方法

  • カット
  • 髪質内部強化

切ってしまうのが
最も早い方法なのですが
できない人も多いです。

そのため、多くの人が
行う方法が髪質内部強化。

トリートメントなどで
髪の毛の内部に栄養を届けることで。

スカスカになった
髪の毛の内部を補正してあげます。

髪の毛は死滅細胞

髪はダメージからの回復はなく
自ら治そうとする力はありません!

どのような方法も
ダメージの予防、補修です。

✔ 完治 → 切る

✔ 修復 → 髪質内部強化

髪の毛にはまず
ダメージから予防するための方法!

これを先に考える必要があります。

ビビリ毛とは?

ひどい状態のときは
まるで「ほうき」のようだとも
言われるビビリ毛。

ケラチンが失われた状態なのです!

ビビリ毛はこんな状態!

指通りが悪くなり
パサパサになってしまい
見た目はチリチリです。

キューティクルが剥がれているので!

髪の毛が乾くとウェーブして
広がるがるだけでなく。

髪の毛が濡れると少し伸び
水分を吸収したことで膨張し
ブヨブヨのような状態になります!

生えた髪に合わせて縮毛矯正するのはダメ!

縮毛矯正を続けた人は
この場合、本来の髪質は
くせ毛やうねり髪であると思います。

例えば縮毛矯正を
何度も行った方が
ビビリ毛になってしまうと。

ビビリ毛とくせ毛、
うねり髪との境が
できてしまうことがあります。

✔ ビビリ毛 = 元々ある髪

✔ クセ毛 = 新しく生えてきた髪

髪の毛が伸びてくると
徐々にこのような状態になります。

更に縮毛矯正をかけたくなる!

すると、クセ毛が目立ち
ビビリ毛もあるので
また縮毛矯正をかけたくなるでしょう!

このときにビビり毛と
本来の髪質を一緒にして
また縮毛矯正を行った場合。

ビビリ毛はずっと治りません!

どうしたら良いのか?

ビビリ毛を治しながら
本来の髪質をまた真っ直ぐに
しようとするのはとても難しいです。

先ずはビビり毛を
治すことに専念しましょう!

根本的な髪質の改善や
縮毛矯正などの行う頻度を
見直してみましょう。

縮毛矯正は依存性が高い!

縮毛矯正自体が悪いのではありません!

しかし、縮毛矯正は
即効性が見られるために
依存性が高くなりがちです。

ビビり毛になりながらも
また、ケアしながら。

縮毛矯正に頼ってしまおうとしていませんか?

これではビビリ毛の
状態から抜け出せません!

縮毛矯正に依存しない髪型も!

そのためにも縮毛矯正に
依存しない髪型や
髪の毛に負担が軽いパーマ。

これらを考えても
良いときなのかもしれません!

では、具体的に
ビビリ毛になってしまった場合。

その原因と対処方法について見ていきましょう!

ビビリ毛の原因とは?

ビビリ毛の原因

  • 縮毛矯正
  • ブリーチ
  • パーマ
  • 間違ったヘアケア

これらの中には
実は知らずしらずに
行ってしまっていることもあるんです!

どんなことなのか?

ビビり毛になる
原因について詳しくご紹介します。

縮毛矯正

髪の毛に最も
負荷がかかる施術の一つです。

薬剤と高温のアイロンで
タンパク質の変性をする施術。

縮毛矯正で大事なこと!

そのため、美容院、
美容師選びがとても重要になります。

薬剤の強さ、工程までの計算、
髪の状態の見極めなど
失敗するリスクもあるからです。

そのため美容院、
美容師選びがとても大事になります!

ブリーチ

縮毛矯正と並び
髪の毛に大きな負荷を
与える施術がブリーチです。

カラーリングと異なるのは
髪の中にある色素を
破壊して色を脱色するところにあります。

ブリーチのココに注意!

しかもブリーチの場合
素人目にも見た目や手触りで
髪の毛のダメージが感じやすいので。

更に改善しようと
縮毛矯正、パーマなどで
組み合わせるケースが多いです!

髪の毛の状態を
ごまかしてしまいがちなので
注意してください。

パーマ

実はパーマだけでは
ビビリ毛にはなることは考えにくいです!

パーマの場合

その多くはブリーチのように
髪の毛の悪くなっている状態隠しに使われます。

髪の毛も見た目も大事ですが
この場合更に負荷が加えられます。

ケアを優先しましょう!

間違ったヘアケア

これまでの施術は
美容院で行われる施術ですが。

これらととても相性が
悪いのが自宅でのホームカラーです。

縮毛矯正をして
自分でカラーをされている方も
多いのではないでしょうか?

ホームカラーが怖いこと!

これをすることで
髪のダメージ箇所もムラになり。

ダメージ箇所の把握、
髪に何を使用したのかという
使用履歴も把握できなくなります。

これは自宅ですればするほど
複雑になるので
ビビリ毛になりやすくなってしまいます。

ビビリ毛になったとき対処方法4選

実際にビビり毛に
なった場合はどのような
対処方法があるのでしょうか?

ビビリ毛の対処方法

  • カットする
  • タンパク質を穴埋めと皮膜の処理
  • 適切なヘアケアに改善
  • ビビリ毛を美容室で修正

極論は、カットか
修復しかないですが
選択肢を広げるためにもご覧ください。

カットする

先にも書いたように
修復することができない髪の毛。

単純ですがもっとも
早い解決方法の一つです!

カットすることで
髪の毛も一度リセットされるので
実は思い切って切ることも大事です。

タンパク質を穴埋めと皮膜の処理

美容院で行うトリートメントです!

ですが、先ずは
美容師さんとの
カウンセリングから始めましょう。

ケアの前にカウンセリング

治ることはないので
最初の毛髪の診断が
とても重要になります。

カウンセリングで
具体的な髪の状態を
美容師さんにチェックしてもらい。

髪型を決めて
どのような髪にするのか
決めることで。

その後のケアが変わってきます!

もちろん、ビビリ毛の部分を
完全にカットする場合もあるでしょう。

今後のことも含め
美容師さんとの
カウセリングをよく行ってください。

美容院でのトリートメントとは?

髪の毛はキューティクルが剥がれて
むき出しの状態なので
先ずは抑えなければなりません。

内部のむき出しの部分を
少しでも埋めつつ
コーティングしてあげることで。

その後のダメージの軽減や
手触りが向上を感じることができます。

家でもできる?

美容院で行う
トリートメントという
修復も大事ですが。

自宅でのケアもとても大事です!

美容院でのトリートメントは
月に1度ですが。

自宅だとケアは
毎日行うことになります。

自宅でのケアも
きちんと行いましょう!

家でもビビリ毛の修復ができる!

自宅で可能な
ビビり毛の修復もあります。

詳しくはこちらのページでご覧ください↓

ビビリ毛の修復の方法とは?

適切なヘアケアに改善

ご自宅でのケアは
当然必要不可欠です!

美容師さんから
アドバイスのもと
適切なシャンプー選び。

またトリートメントをして
少しでも状態を改善しましょう。

育毛で髪質改善!

またこのとき、
新しい髪のことも
同時に考えてみましょう!

育毛してあげることで
新しく生えてくる髪の毛を
少しでも状態を変えることで。

うねりなどが軽減する
可能性も期待できるからです。

ビビリ毛を美容室で修正

単純に美容室で再度
縮毛矯正をかけ直すことです!

ですが、大事なことですが
施術の方法は基本的には
普通の縮毛矯正と変わりません。

そのため、美容師さんとの
カウンセリングをよく行い
リスクがあることも覚悟しておきましょう!

場合によっては
しないという判断も大事です。

ビビり毛にならない対策5選

今後のビビリ毛の
対策として
予防することは大切です。

どのようなことが
予防につながるのかまとめました。

ビビり毛にならない対策

  • 美容師とのカウンセリング
  • 施術前のしっかりとしたケア
  • 縮毛矯正後はパーマをしない
  • 日頃のケアはしっかりと
  • ヘアアイロン、コテの使用頻度を見直す

ビビリ毛になっている人も
そうでない人も。

今後の髪の毛の
ケアにつながるので是非ご覧ください。

美容師とのカウンセリング

日頃から美容師さんとの
カウセリングきちんと
行うようにしましょう。

実はこのカウンセリングは
とても大事で現在の髪の
状態をあなた自身が理解しておくで。

どのようなケアを
日ごろすればよいかが分かります。

日頃使うシャンプーなど
ホームケアについても
しっかりアドバイスしてもらいましょう。

施術前のしっかりとしたケア

美容師さんとの
カウセリングをきちんと
行っている前提で。

どのような髪の状態か?
髪質はどのような感じか?

などを確認してもらい
必要に応じた縮毛矯正の
ケアを行ってもらいましょう。

気をつけておきたいポイント!

髪の毛は全体で
同じ状態とは限りません。

縮毛矯正の場合
髪の一部がうねりや
クセが異なると。

その仕方も変わってきます。

そのためにも
状態を見極めてもらい
最適なケアをしてもらうことで。

ビビり毛の発生を
少しでも抑えることができます。

縮毛矯正後はパーマをしない

ビビり毛の予防のために
縮毛矯正後にパーマの
重ねがけはしないようにしましょう。

通常の施術よりも
ダメージを与えてしまう可能性が
かなり高くなってしまうからです。

根本も注意して!

また、縮毛矯正をしていない
髪の毛の根本をする際も
すでに縮毛矯正をしている部分には。

しっかりとトリートメントを
してもらうようにしましょう。

カラー、パーマを
しなければならない場合。

最低一週間以上は
間隔を開けて施術しましょう。

日頃のケアはしっかりと

日頃のケアは大事と
よく聞きますが。

具体的にはどのようなことを
すればよいのでしょうか?

ポイントは3つ。

日頃のヘアケアポイント

  • シャンプーする前もよく洗う
  • 水気を切りトリートメントする
  • ドライヤーの前は洗い流さないトリートメントを付けるようにする

どれも簡単にできることなので
是非お試しください。

ヘアアイロン、コテの使用頻度を見直す

美容院で縮毛矯正に
使用されるヘアアイロンほどではないですが。

ヘアアイロン、コテの
使いすぎはビビリ毛に
なりやすくなってします。

原理は美容院と変わらない!

熱により髪の毛を
変化させることは
髪に対して負担になり。

ビビリ毛になる
確率を格段にあげます。

使用頻度とともに
洗い流さないトリートメントなど
オイル系のものを使う前に。

髪の毛に塗ることも重要です!

ビビリ毛を修正するときに知っておきたいこと!

ビビり毛を修正したいと
考えている方に
確認しておいてほしいことがあります。

ビビリ毛を修正する場合
どんな美容師さんでも
成功するわけでもなく。

持続する保証もありません!

そのため、見た目は良くなっても
手触りは悪い可能性もあります。

また、何より髪の毛の
状態を今よりも
悪化させてしまう可能性もあります。

しっかりこの点を覚えておきましょう!

だからこそ、ビビり毛に
ならないように
日頃からの予防が大事になります。

実は重要!育毛してる?

育毛が重要なのをご存知でしょうか?

男女に限らず
必ず髪の毛は
自然と弱まってきます。

髪の毛が薄くなるのは
男性の悩みというのは
もう過去の話です!

抜け毛経験をする女性とは?

例えば、出産経験が
ある人の場合
抜け毛を経験した人もいるでしょう。

激しい髪の抜け具合に
かなり悩んだ人も少なくないのでは?

出産で髪質が変わり、薄毛になる!

このときに髪質や
毛量が極端に減ったり
髪の毛が細くなる人も多いですが。

髪の状態が変わる中で
縮毛矯正などの
髪の毛に負担が増す施術をしていくと!

新しい髪の毛にも
当然影響が出てしまいます。

どこで髪の毛の状態はリセットされる?

新しく生えてくる
髪の毛の状態が良くないのに
更に施術を繰り返した場合!

あなたの髪の毛が
正常で美しい状態とは
いつやってくるのでしょうか?

生えてくる髪の毛が脆弱だと!

死滅細胞である髪の毛。

最初に生えてくる髪が
とても脆弱で状態が悪いと。

その髪に対して
ずっと縮毛矯正などの
何かしらの施術を行う必要があります。

するとまた、ビビり毛になる。

これの繰り返しです!

どうして育毛も必要なのか?

生えてくる髪の毛が
少しでも健康で
丈夫な髪の毛の場合。

縮毛矯正などの
施術に対する負担を
耐えることができる髪の毛が育てられるんです!

髪の毛も年齢とともに弱まる

確実に弱っていくのは
肌だけでなく髪の毛も同じ。

早い年齢からの
育毛をしておくことで。

少しでも長く髪の毛を
使ったヘアアレンジを
楽しむことができるんです!

育毛は生やすことだけではない!

育毛と聞くと
髪の毛を生やすことが
一番最初に思い浮かびますが。

しっかりとした強い髪を
生えてくるように
務めるようにするのも育毛なんです。

女性の育毛に対しては
後者の方が重要!

髪の毛を生やすより
しっかりとした
強い髪の毛を育てる育毛を目指しましょう。

まとめ

ビビリ毛の治し方や
改善方法、予防の仕方などを
ご紹介しました。

ビビリ毛は切っても治らない!
訳ではありません。

大事なことととしては!

<ビビリ毛に対する必要知識>

  • 髪の毛は死滅細胞
  • カットが解決の近道
  • 縮毛矯正、カラーの影響が大きい
  • ビビリ毛にならない予防方法する
  • 育毛も重要

正しい知識やケア方法を
知ることが重要。

場合によっては
新しい髪の毛のための
長期的な育毛も考えてみてはいかがでしょうか?

 

タイトルとURLをコピーしました