ストパーの言い訳で悩んだらこれ!パーマを使わずに悩み解消!

ストパーの言い訳でよい方法はない?

スプレーとヘアアイロンを使いました!

自己責任となりますが
これで大丈夫です。

ただし、注意が必要なのが
パーマの匂いです。

パーマ液の匂いが
残ってしまい匂いで
バレる可能性があります。

そのため匂いを
消すための対策をしておきましょう!

詳しくはコチラのページをご覧ください↓

縮毛矯正の次の日の臭いの原因とその対策!

ストパーの言い訳はいらない!セルフで行うための方法3選!

ストパーの言い訳に
抵抗があるという方も
いらっしゃるのではないでしょうか?

また、ストパーをかけても
いつまでも持続するわけではありません。

自分で行える方法を
いくつか利用すると
その後の髪のケアにもつながります。

自分で行える3つの方法を
ご紹介しますので参考までにお試しください!

その方法とは?

ストパーをセルフで行える方法

  • ブラシ
  • ヘアアイロン
  • ヘアオイル

ブラシ

絡まった髪の毛を
とくだけでなく。

髪のツヤやなめらかさを
与えてくれる効果が期待できまるブラシ。

ストパーに関わらず
髪の毛をとかすのに
不可欠なアイテムです!

ブラシだけでストパーと
同じ効果は得られなくても
髪の毛のケアには必須と言えます。

ブラシの種類と素材

ブラシと言っても
用途別にいくつかのタイプがあります。

用途別のブラシの種類

  • ブロー用
  • 毛髪ケア用
  • 頭皮のマッサージ

また、素材も様々です。

素材別のブラシの種類

  • ナイロン
  • 豚毛や猪毛などの天然素材
  • 木製

色々なブラシがありますが
中にはブラシ部分に
美容成分などを閉じ込めているものもあります。

電気振動ブラシも人気

人気が高くなっているブラシに
電気振動ブラシがあります。

電気振動ブラシは
ブラシの部分が振動することで。

摩擦や力を抑えることで、
髪の絡まりをとくだけでなく。

髪の毛をサラサラ、
なめらか、やわらかに
仕上げる効果が期待できます。

多くが電池式ですが
コンパクトなものから
大型サイズのものだけでなく。

頭皮ケア、髪の毛の仕上がりに
特徴的な機能をつけたものなど
種類も多くで価格帯もさまざまです。

ヘアアイロン

多くのシーンにあわせて
色々な使い方が自分で
行うことが魅力的なヘアアイロン。

髪の質によっては
ストパーをせずとも!

ヘアアイロンで十分に
ストレートヘアが楽しむことができます。

種類とオススメは?

ヘアアイロンの主な種類

  • ストレート
  • カール(コテ)
  • 2wayタイプ
  • コードレス

ストレートヘアを楽しむ場合
「ストレート」、「2way」
両タイプになります。

「2way」タイプは特に
ストレートだけでなく
カールも楽しめるので。

スタイリングの幅も広がり
新しいヘアスタイルにも
チャレンジしたい方にオススメです!

メーカー、ブランド、価格帯も様々

ヘアアイロンはプチプラ路線の
メーカーのものから。

プチプラ路線のヘアアイロンのメーカー

  • サロニア
  • テスコム
  • クレイツ
  • コイズミ

大手家電メーカーや
高級ラインを
売りにしたものまで様々です。

大手家電、高級ラインのヘアアイロンのメーカー

  • パナソニック
  • ダイソン
  • リファ
  • ヘアビューロン

目的が決まっていれば
メーカー、価格帯も参考にして
考えてみてはいかがでしょうか?

ヘアオイル

髪への潤いだけでなく
ブラッシングや熱などの
外部からのダメージから守ったり。

髪のボリュームなども
抑える効果が期待できるヘアオイル。

ストパーに限らず
髪の毛のケアとして
すでに使っているでしょう。

紙質によっては、ヘアオイルで
ストレートヘアを楽しむことができます!

ただし、そのためには
注意すべき点があります。

それはヘアオイルを使うときに
重要になるのが2種類の
オイルの違いを知っておくことです。

ヘアオイルは2種類ある

ヘアオイルは主に2種類に分けられます。

ヘアオイルの種類

  • ヘアケアオイル(主に毛髪補修)
  • スタイリングオイル(主にヘアアレンジ)

それぞれを見比べるには
商品ラベルをチェックします!

流さないトリートメント、
アウトバストリートメントと
表記があった場合は「ヘアケアオイル」です。

スタイリング剤と表記が
あった場合は「スタイリングオイル」となります。

特徴を知って、目的に合わせて
使うことが大事です!

まとめ

ストパーの言い訳は

スプレーとヘアアイロンを使いました

これが一番効果的です。

ですが、言い訳するのに
抵抗があるという方も
少なくないでしょう。

そのため、ストパーを
しなくてもよいための方法も
まとめました。

どの方法も自分で
行えることばかりなので
実践しやすいものばかりになっています。

特に「2wayタイプ」の
ヘアアイロンは
ストレートヘアだけでなく。

他の髪型にも使えるので
新しい髪型にするチャンスでもあります!

また、パーマなどの
持続は2週間程度とも言われています。

自分で行える方法ともに
併用してみてはいかがでしょうか?

ストパーの言い訳の関連記事

中学生の縮毛矯正が校則でダメ!そんなときどうする?解決方法に迫る!

縮毛矯正がばれる理由とは?ばれないための対処方法!

縮毛矯正の匂いが学校で気になる!?においでバレない?消し方は?

縮毛矯正の言い訳はこれで決まり!おススメの方法とは!?

ベラペール ストレートミストは通販で購入!みんなの感想と効果とは?

パーマ禁止はストパーも入る!?バレないパーマの方法とは?

ストパーは学校にバレる?バレないための方法とバレてしまう原因とは?

タイトルとURLをコピーしました